株式売買の記録 – 2020年2月25日(日本株)

今日の売買銘柄

(売)【4970】東洋合成工業(JASDAQ・S)

  • 前回の暴落後に25日線を超えたので買った銘柄
  • 前回のボックスを切ったので売り
  • 市場がとても不安定なので早めの損切り

口座の損益(前日と比較)

日経平均:– 3.34 %
TOPIX:– 3.33 %

口座の前日比:– 0.07 %

コメント

本日は市場が大暴落でした。一時的には1000円安にもなりました。
前日は日本市場が休場でしたが、海外では日経平均先物が1000円近く暴落、ダウも1000ドル近くまで暴落しました。このことから、朝の市場開始前は口座の前日比が 5 % 下落も覚悟しましたが、既に持ち銘柄を減らしていたのと、今の景気に左右されにくい銘柄を保持していたため、影響が少なかったのだと思います。

ただ、本当に市場が暴落している時は良い銘柄でも市場では売られます。どうしても市場の影響を受けてしまうのです。暴落時は人の心理が悪くなったり、資金繰りが悪くなったりして良い銘柄でも売られます。よって、明日、明後日は比較的良い銘柄でも下がる銘柄は売る予定です。回復時に買い戻せは良いのです。

本日は、既に1月の下旬の暴落時に8割を売ったこともあり、口座は前日比 – 0.07 で助かりました。暴落時に慎重モードで損切りすることの大切さを学ぶことができました。

最近は本当に市場が不安定で、ボラティリティが高いため、毎日、一喜一憂してしまい、何度も暴落後の戻りで買い戻しを考えました。しかし、そこは「ぐっと」こらえて買うのを抑えました。結果、買わなかったことで本日の暴落でも損益を抑えることができました。

このことから、本当に相場が不安定の時は静観することの大切さを学ぶことができました。

目標は、明日、明後日と引き続き大暴落があっても損切りを徹底して損を減らし、回復時には安値で買って上昇トレンドへ乗ることを心がけます。

ただ、リーマンショックなどと比べたら、まだ大暴落ではなく一時的な調整程度の下げですね。

タイトルとURLをコピーしました