株価の相場予報と売買の記録 – 2020年3月11日

  • マーケット指数

日経平均:– 2.27 %
TOPIX :– 1.53 %
景気指数:0.014(1以上なら良い)

  • 口座損益

口座の前日比:0 %(保持銘柄なし、市場が荒れているため静観中、休むも相場)

  • 今日の売買銘柄

なし

本日の日経平均株価は −451円の下落となりました。最近はあまりにもボラティリティが高い(日経VI:47.09)、上下幅が大きいため、大きな変動に感じなくなってきました。平時ならー451円はとても高いです。

ついに終値では19500円を切りました。予想通りの展開となっています。場合によっては今週中に18500円前後まで下落することも考えられます。ただし、調整もあると思いますので来週とも考えられます。とにかくVIが20以下まで下がって落ち着かないと暴落は止まらないでしょう。

昨日は、ダウが1167ドルの上昇となりましたが、ダウ先物をみると現在はー800ドル程下がっていますので先日の上げは大暴落後の反発と考えられます。このことからも今日(今夜)のダウも大幅な下落が予想されます。

テクニカルを観察すると、恐らく日経平均は18500円位まで下がった辺りで一旦はボラティリティが落ち着くのではと考えられます。ボラティリティが落ち着いたら上昇トレンドの銘柄が出てきますので買いを始めようかなと思っています。

本日はコロナウイルスのニュースが少ないように思えました。人々のコロナ疲れが起きているとの噂もありますのでコロナのニュースが減っているとも考えられます。なんだかんだ言ってもニュースはPV(見られる回数、興味のあるニュースを報道することで見られる回数を増すことが仕事です。)の高いニュースを報道します。営利企業なのです。

  • コロナウイルス問題の現状

予報:これらが落ち着くと下落が止まり上昇トレンドの流れになるでしょう。 今は未だ悪い状態が続いています。投資は控えましょう。

    • 中国
      • 1日の感染者数が減り中国では収束の方向へ向かっています。
    • アメリカ
      • アメリカでは在宅勤務の指示が始まっています。また、各地で非常事態宣言が出ています。
    • アジア
      • アジアでも感染が拡大し始めました。
    • 上記以外の海外
      • 引き続き感染が拡大し1日の感染者数が日々大幅に向上しています。
    • 日本
      • 感染者数が想像以上に拡大していません。何かかかりにくい理由があるのでは?と思ってしまいます。
      • 卒業式、4月の入社、入学式の中止の検討が始まっています。
      • 業績予測を減益に修正する企業が増え始めました。
      • スーパーなどで、トイレットペーパー、ティッシュ、カップ麺の在庫が復活し始めました。
      • 今の所ワクチンは完成していません。
      • 検査キットが徐々に出始めているようです。完全版かどうかはまだ確定していません。
  • 為替

本日は円が急激に反発し上昇しました。今までは綺麗に下落しつづけましたが、102円前後から反発し一気に105円辺りまで上昇しています。テクニカル的にはトレンドが反転の兆が出ていますので反転の買いを考えています。105円50銭〜106円で決済の買いかなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました