株価の相場予報と売買の記録 – 2020年3月25日

  • 口座損益

2020年の利益率:0.003 %

口座の前日比:0 %(保持銘柄なし、市場が荒れているため静観中、休むも相場、3月は売買なし)

  • 今日の売買銘柄

なし

  • 株価予報とコロナウイルスの最新情報
  • 株、市場の様子

2020年3月25日の日経平均株価は 19,546円で前日比 1,454円(8.04%)の大幅上昇となりました。

値上がり銘柄数は 3,635、値下がり数は 196 で比率は 18.546 と比率が18倍となりました。

日経VIは 48.28 でとても高い状態となっています。

本日の日経平均株価は前日比、1454円と大幅に上昇しました。しかし、「上昇相場に転じた」とは全く言えない状態となっています。ボラティリティが高すぎる状態となっています。つまり、再び大幅な下落に転じる可能性が高い状態となっています。明日大幅上昇する可能性も、大暴落する可能性も五分五分にある状態となっています。

本日、大幅に上昇した日経平均ですが、現在の先物を確認すると1000円ほどの下落となっています。直近はボラティリティがとても高いので、日経平均と先物の価格に乖離がある状態となっていますので、この状態で明日を迎えても1000円ほど暴落するとは言い切れませんが、近い価格まで下落することが予測できます。

直近は本当に指数の上下が激しく、また、日本株、世界株、商品などが奇妙な価格で推移しています(確率を計算することが困難な状態)。市場は本当に大混乱の状態となっていますので、今日は上がったので買い、下がったので売り、と感情に流されず、冷静に判断することが重要です。

投資の基本は、上昇トレンドが買いのタイミングです。常に確率が高い時だけ投資をすることが重要です。確かに暴落時に購入し、その後の大きな戻りにて利益が出る可能性もあります。しかし、利益が出る確率はとても低いので、まぐれでない限りは、マイナスになります(確率的にはとても低い)。利益を出す投資家は、確率の良いタイミングだけ市場に参加します。確率を考慮することは本当に大切なので必ず意識して投資をすることが重要です。

投資でギャンブル的な刺激を求めて売買をしている投資家は、長期的には必ず資産を失います。投資で刺激を求めるのはやめましょう。求めたい場合は、損失を出しても大丈夫な範囲でしましょう。遊びだと思ってすることが重要です。

賢明な投資家は確率を本当に大事にしています。投資先、タイミングは全て確率の良い時、物、だけに投資をしています。賢明な事業家が確率の高い事業に集中するのと同じなのです。

  • 為替(米ドル/円)

ここ数日の米ドル/円の動きは上昇トレンドで推移してきました。ただし、直近の2、3日では下値では上昇しているように見えますが、筆者はボックスに入ったのではないかと見ています。また日本市場では円高、海外では円安と、奇妙な動きとなっています。ボックスのレンジとしては110円〜112円かなと見ています。よってこれより上昇時は買い、下落時は売りを予定しています。

チャートの結果を確認し、確率の良い方向へと売買することで勝率が格段に向上します。よって、確率を意識することがとても重要です。それでもだめな場合は確率を計算する売買のルールを見直しましょう。

タイトルとURLをコピーしました