株価の相場予報と売買の記録 – 2020年3月26日

  • 口座損益

2020年の利益率:0.003 %

口座の前日比:0 %(保持銘柄なし、市場が荒れているため静観中、休むも相場、3月は売買なし)

  • 今日の売買銘柄

米ドル/円 売り

  • 株価予報とコロナウイルスの最新情報
  • 株、市場の様子

2020年3月26日の日経平均株価は 18,664円で前日比 -882円(-4.51%)の下落となりました。

値上がり銘柄数は 1,283、値下がり数は 2,463 で比率は 0.521 となりました。

日経VIは 54.18 でとても高い状態となっています。

本日の日経平均株価はー882円の下落となりました。通常時ですととても大幅な下落となりますが、ここ数週間はボラティリティがとても高いので直近の感覚では少し大きな下落となっています。

先日の2日間は大幅の上昇となりましたので、その反動の戻しと考えられます。ここ数日で判断すると少し落ち着き始めた相場かなと見ています。ただし、コロナウイルスの問題は全く解消されていませんので、再び暴落する確率は多く残っっています。

また、VI(ボラティリティ)がとても高いことから数週間単位で確認すると全く落ち着いた相場とは言えないでしょう。

  • 為替(米ドル/円)

本日は、チャートにて反転のサインが出たため、ドル売りをしました。ただし直近のボックスを完全に抜けたわけではありませんので、今後再び上昇する可能性もあります。よって通常保持する建玉の半分にて売りを建てました。さらにボックスを大きく抜けて下落した場合、追加の売りポジションを建てようと思っています。

最近は、株、債権、商品の全ての相場が通常のセオリーとは大きくハズレた動きとなっています。例えば、「金利が上がったので米ドルの買い」などのルールが全く通用しません。今はチャートのみを信じるしかないのです。

チャートを確認し、ルールで売買をする。ルールを守って機械的に売買をする良い訓練の機会かなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました