スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨とは、技術はともかく概要を解説

仮想通貨の解説を読んでいると必ず技術的な説明が出てきます。

技術者ならともかく一般の人には必要ありません。

ここでは機械音痴でも解りやすく解説します。

どんなものか?

仮想通貨とは、通貨のように利用できるネットワーク(インターネット)を利用した電子上の通貨です。

最近仕組みが作られ、発行されました。

まだまだお金と言い切ることはできませんが、現在はお金に交換ができ、お金と同じように利用できる物です。

決済の処理にはネットワークに接続することが必要です。

円ともドルとも違う新しい単位の通貨となっています。

※ ビットコインで言えば「1円、10円」のように「1ビットコイン、10ビットコイン」と数えます。

※ ドル円のように価格は常に変動し、現在は約「1ビットコイン100万円」位の価格になっています。

現在は日々新しい通貨が発行され、1000種類以上存在します。

本当に最近作られた新しい技術を利用する通貨であり、将来はどうなるかは解らず不安定な通貨となっています。

利用価値が続く限り価値は保証されるが、利用価値が無くなった時価値は無くなる。

なぜ価値があるのか?

仮想通貨は円やドル、他の通貨を利用して売買が可能です。

将来、今の通貨が衰退して仮想通貨が中心の世の中が来る可能性も秘めています。

最初に発行、流通した仮想通貨は?

世界で始めて発行された通貨はビットコインと呼ばれています。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と呼ばれる人が作ったと言われています

ただし、偽名の可能性が高く実際の人物はわかっていません。

現在有名な仮想通貨には以下の様なものがあります。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ネム

手に入れる方法は?

売買は取引所と呼ばれる場所で売買できます。

※ 取引所はネットで利用します。

もちろん人と会って直接取り引きすることもできます。

ネットワーク、直接会って世界中の人と取引をすることができます。

また、取引も決済も世界中で利用できます。

価格が変動する?

価格が需要と供給で変動します。

仮想通貨の種類によって異なりますが、基本的に通貨の発行数は決まっています。

つまり、円やドルのように需要と供給によって価格が変動します。

例えばビットコインを欲しい人が多く、購入する人が多ければ価格が上がります。

外貨と同じです。

今はビットコインは人気があり、皆が欲しいと買っているので値段が上がっています。

また、今は値段が上がっているので「俺も」「俺も」と皆が買っているので値段が上がっています。

現状は本当にそこまで価値があるのかはわかっていません。

欲しい人がいるから価値が上がる。

全ての物において同じです。

例えば金の値段を考えると簡単です。

金は皆が価値があると思い、買う人が多くいるので価値があり、価格が上がるのです。

仮想通貨は誰が管理しているのでしょうか?

仮想通貨は種類によって管理方法が異なります。

大きくは2種類の管理方法があります。

1.世界の有志が管理する方法

ビットコインがこの方法によって管理されています。

通貨の管理、決済、つまり送金の処理を世界中の有志が処理の手助けをしています。

なぜ、世界の有志はなぜ管理してくれるのでしょうか?

ビットコインの管理に参加すると報酬がもらえます。

報酬がもらえるので多くの人が参加したがるのです。

管理とは簡単に何をするのか?

有志は通貨の取引時に発生する処理を手伝います。

また、管理には性能の良いコンピュータが必要です。

管理者はこの取引処理のスピードを競います。

この競争に勝った人へ報酬としてビットコインを貰えます。

報奨が貰えるので世界中の人が競ってこの処理に参加するのです。

2.発行した人が管理する方法

リップルがこの方法で管理されています。

リップル社がコインを発行し、決済の処理をしています。

通貨の発行

マイニングで発行

通貨はマイニングによって新しく発行する方法と管理者が発行する方法があります。

ビットコインはマイニングよって徐々に発行されます。

ただし、永遠に発行してしまうとインフレが起こってしまいますので発行上限は決まっています。

発行者(管理者)が発行

管理者が発行します。

発行は最初に上限全てを発行するタイプと特定の次期に追加で発行するタイプがあります。

通貨の発行数

基本的に最終的な発行数や発行のルールは仮想通貨の種類によって異なります。

ルールは公開されていますので確認する事ができます。

発行のルール

ルールは基本的に最初に決めから変更されることはありません。

ただし今後の運用によってルールが変更されることもありますので注意しましょう。

最初に全て発行するタイプの仮想通貨

通貨発行時に全ての通貨を発行します。

基本的に通貨は追加で発行されることはありません。

徐々に発行され上限が決まっているタイプの仮想通貨

マイニングによって徐々に発行されます。

発行の上限が決まっている通貨もあります。

永遠に発行される通貨は日々流通量が増えますので徐々に供給量が増えますので価格が下がる可能性もあります。

管理者の判断で随時発行されるタイプの仮想通貨

最初に規定の量が発行され徐々に管理者が発行するタイプ。

仮想通貨によってことなりますが、数年に1度など最初にルールを決めて管理者が発行するタイプ。

需要と供給的を判断し必要と管理者が感じた時に発行するタイプなどあります。

売買の方法

基本的に売買は取引所で取引します。

人と人が直接取り引きすることもできます。

円とドルの関係と同じです。

決済(商品の購入など)

ネット上の店舗やサービス、リアルの店舗にて商品やサービスを購入する事ができます。

Suicaなどの電子マネーと同じように利用する事ができます。

ただし、現在はまだまだ利用できる店舗が少なく利便性はとても低くなっています。

※ 現在利用できる主な仮想通貨はビットコインです。
※ ビットコインでの決済は手数料がとても高く約「1300円」程取られるそうです。

送金

友達同士と簡単に貸し借り、割り勘ができます。

また、海外にいる人へも簡単に送金することができます。

※ 現在ビットコインの送金には処理が追いつかず時間と手数料が多く掛かります。

ウォレット

仮想通貨はウォレットと呼ばれる財布に保存します。

ウォレットには種類があります。

ウォレットの種類

  • スマフォ等の端末
  • ネット上のウォレットサービス
  • 自分パソコン
  • 紙に印刷して保存
  • USB等を利用したハード端末に保存

等、多くの保存方法があります。

履歴が全て公開されている

取引履歴が全て公開されているため悪意のある人(ハッカー)によってデータが改竄されることはありません。

公開されていますが、自分の所持量がバレることはありません。

Aさんが100コイン、Bさんが20コインと匿名的に誰がどれだけ持っているかが公開されているのです。

このため、匿名で誰がどの位の量を持っているのかを知ることができますので利用している人の数などの統計を取り流通人数をしり人気度などを調査することが可能です。

将来性

仮想通貨には問題点が多く今後発展するか消滅するかは誰にもわかりません。

良い点も多くありますが問題点が多いのも事実です。

今のままですとそのうち消滅する可能性が高そうです。

ただし、今後この問題が解決した時、爆発的に利用される可能性を秘めています。

問題点を知って、将来この問題が解決したり、しなかったりを知り将来を予測することが重要です。

つまり、問題が解決した時に購入、解決しなかったら売るなどの処置が必要でしょう。

詳しくは下記を参照ください。

eci bitcoin
仮想通貨の問題点、リスクを知って売買を見極める、投資の情報は重要です
最近、ビットコインの価格の高騰が激しいです。 少々暴落もしましたが・・・ 値上がりの最大の理由は、 「皆が買って儲かっているから買う」です。 また、良い点ばかりがクローズアップされています。 今は皆が買っている...
タイトルとURLをコピーしました