スポンサーリンク
スポンサーリンク

技術者でなくてもわかるビットコインの特徴

仮想通貨にはそれぞれ特徴があります。

ここでは技術者でなくても理解できるようにビットコインの特徴を解説します。

※ 仮想通貨の基本をまだ理解していない方はこちら、

eci bitcoin
仮想通貨とは、技術はともかく概要を解説
仮想通貨の解説を読んでいると必ず技術的な説明が出てきます。 技術者ならともかく一般の人には必要ありません。 ここでは機械音痴でも解りやすく解説します。 どんなものか? 仮想通貨とは、通貨のように利用できるネットワーク(インタ...

世界で始めての仮想通貨

ビットコインは2009年に発行されました。

世界で始めて発行された通貨となります。

最初に発行された通貨なので、最近発行された仮想通貨より少々問題も発生しています。

ただ問題は、仕組みが定期的に更新されていますので少しずつ問題は解消しています。

ただ、最近はものすごい勢いで取引量が増えていますので新しい問題も発生しています。

これらの問題が良い方向へ適切に改善されるか、解決しないかで将来の通貨になるか消滅するかが決まるでしょう。

現在、一番取引されている仮想通貨。

一番最初に発行された仮想通貨なだけあって、売買の流通量が一番多くなっています。

利用できる店舗、ネット上のサービスが一番多い仮想通貨となっています。

発行流通量(通貨の数)

発行上限が決まっています。

上限は2100万ビットコインになります。

限度が決まっていることで価値が上がっています。

通貨は永遠に発行されてしまうと、増えれば増える程価値が下がります。

限りのあるものは価値があります。少ないものは希少価値があるのです。

商品と同じで需要と供給の関係になります。

お金もどんどん発行され街中でばら撒かれたら価値はどんどん下がりるのと同じです。

ビットコインを無くす人もいます。

保存していたパソコンが故障した、保存していたウォレットが無くなった。

などの被害に合い喪失してしまう人もいます。

一度喪失すると完全に無くなったも同然になります。

お金も拾えない所に落とすと二度とだれも使えないのと同じです。

管理者がいない

管理者がいません。

円やドルは国が通貨を発行し管理しています。

また、円やドルの取引には銀行やクレジットカード会社のような決済会社が処理をしています。

ビットコインは通貨の発行者、決済の管理者が存在しません。

誰が、「発行」「決済」を管理しているのでしょうか?

決済は多くの有志によって処理されます。

発行は取引、決済の処理が発生した時に発行され流通量が増えます。

決済、取引の仕組み

ビットコインは約10分に1度処理が行われます。

10分ごとに世界中で行われる決済を1つにまとめて処理が行われます。

では管理者がいないのに誰が決済を処理するのでしょう?

決済の処理をする人

決済の処理には誰でも参加することができます。

決済の処理を手伝うことで報酬が貰えるのです。

報酬を目当てに多くの人が競って参加しています。

決済の処理をすることを「マイニング」と呼び、処理する人を「マイナー」と呼びます。

決済の処理ではマイナーが特別なコンピュータを使って処理を計算します。

マイニングではビットコインを誰から誰へいくら送金したかを帳簿へ記録する処理になります。

この帳簿はネットワーク上で全て公開されています。

マイナーはこの帳簿と決済するデータを利用して計算します。

ブロックチェーンと呼ばれる仕組みで取引履歴が記録されます。

決済の処理では世界中のマイナーが一斉に計算を始め最初に結果を出した人へ報酬が払われます。

この報酬発生にて通貨の流通量が増えます。

※ 個人向けのパソコンでもマイニングはできますが、現在は性能の良いコンピュータでないとスピードが追いつきません。

※ 最近は取引が増加していて、送金手続きの延滞が発生しています。

報酬

報酬はビットコインで支払われます。

また、この報酬分が支払われた時、流通量が増えます。

つまり、10分ごとにマイニングが実行され、10分ごとにビットコインの流通量が増えるのです。

報酬は時が来ると半減します。

マイニングにて発行される量が約4年ごとに半減します。

問題は徐々に報酬が減りますので、マイナーが減る可能性があります。

また、日々世の中マイナーのコンピュータの性能の競争が激化し、マイニングに必要な経費が上がっています。

報酬が下がることでマイニングをする人がいなくなってしまう可能性もあります。

取引履歴が公開されている

取引の履歴は誰でも参照することができます。

誰が何ビットコインを所持しているのかを知ることができます。

ただし、誰といっても ID のようなもので記録されていますので、

「ID:Aさんが10万ビットコインを持っている」

のように匿名になっています。

つまり、例えば、一番所持している人は何ビットコイン持っているのか?

という統計しかわかりません。

安心してください。あなたが具体的にいくら持っているのかはわかりません。

店舗やネットで利用できる

店舗やネットで一番利用できる仮想通貨となっています。

他の仮想通貨でも徐々に利用できる店舗等も出てきましたが、現在はビットコインが一番利用できる仮想通貨となっています。

問題もあります

利用できる店舗やサービスが少ない

利用できると言ってもまだまだ利用できる店舗等は無いも同然です。

将来、店舗やネット上のサービスにてクレジットカード等と同じぐらい利用できる様になると、皆が利用するでしょう。

決済に時間が掛かる

現在は上記でも解説しましたが、決済に10分掛かります。

店舗での決済にて10分は待てないですね。

これもまだまだ店舗等が増えない理由です。

また、最近は決済の量が増え処理が追いつかず決済に1日掛かった例もあります。

決済手数料が高い

最近は、送金手数料の値段が上がっています。

最近は取引量が増え処理が追いつかないため値段が上がっているのです。

仕組みが不安定

まだまだ仮想通貨は始まったばかりですので未完成の部分が多くあります。

また、不具合を修正すべく年に何度もハードフォークが発生しています。

フォークが発生すると分裂したり、混乱が発生することもありますのでこの問題が解決しないと安定しないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました